生レバーってなぜダメなの?

0

    みなさま「生レバー」の食べ納め

    しましたか?

    ちなみに私は

    スッカリわすれていました・・・

     

     

    なぜ「生レバー」がダメなのでしょうか?

     

    レバーはみなさん御存じのように

    「肝臓」のことです。

    肝臓は「化学工場」といわれるぐらい

    さまざまな物を作り出します。

    その中の一つに

    「胆汁を作る」という重要な働きがあります。

     

    肝臓で作られた胆汁は

    肝管→胆のう→胆管を通って

    最後には十二指腸という

    胃の次に続く腸に分泌されます。

     

    肝臓と十二指腸はつながっているんですね!

     

     

    このタメになる通路を使って

    悪さをする奴がいるんです!

     

     

    大腸菌やカンピロバクターという

    食中毒をおこすバイ菌です。。。

    胆汁とは全く逆方向に

    十二指腸から

    胆管や肝管を通って

    肝臓に入り込むのです。

     

    そのような肝臓を生で食べると

    ・・・

     

    いくらレバーの表面を

    熱処理しても

    肝臓の中にバイ菌が入り込んでいたら

    ・・・

     

    胆のうから離れた部分を使ったり

    胆管を洗浄したり

    いろんな努力をしている

    店もいっぱいあり

    なかなか難しい問題ですね。

     

    個人的には

    「生レバー」

    必ず食べる派なので

    復活する日を

    祈っています。

     

    スッカリ忘れていましたから・・・

     

    ちなみに人間でも

    大腸菌が胆管に入り込むと

    「急性胆管炎」という

    高熱・黄疸をおこす

    怖い病気になります・・・


    胆石がある人は

    特になりやすいので

    熱が出て、体が黄色っぽくなった時は
    すぐに受診を。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    目黒ハートクリニック

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    Twitter

    Facebook

    投稿記事リスト

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    リンク

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    携帯で見る

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM